読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレアポのコツ!トップ営業マンのテレアポの奥義

テレアポは個人、法人また光回線、生命保険、不動産などジャンル問わず営業で必ず必要な仕事です。世の中にはアポイントが上手く取れず悩んでいる人も多いですが、実はコツさえ掴めばテレアポで約束を取り付ける事は難しくはないのです。

テレアポの話し方のコツは堂々とゆったり

f:id:tereapogyu:20170324083102j:plain

アポが取れない営業マンに限ってマシンガンのようにペラペラペラペラよく喋ります。

 

これもあれも話しておかなくちゃ売れない

会話の間を空けると断りの言葉がきそう

 

だいたいは「売れない」「断られる」不安を解消する為に間を空けずにしゃべりまくるのですが、これは完全に逆効果です。

 

まず、テレアポは相手から頼まれてもいないのに一方的に連絡をする仕事です。

ですので、話を聞いてくれている相手というのは基本的には我慢しているのです。

にも関わらず、何も工夫が無い面白みのないセールストークを間も無くぺらぺらしゃべられると、そりゃ相手もうんざりします。

アポを取りたいから必死になっているのはわかりますが、このような必死な部分が裏目になる事もあるのです。

 

テレアポでたくさんアポイントを取るには、堂々とゆったりそして一言一言丁寧にしゃべるのがコツです。

間を空るどころか、逆にその間をたっぷり利用したトークを繰り広げましょう。

 

また、ダメな営業マン程、相手にペコペコ媚びたり、お客様の言いなりになったりします。

しかし、優秀な営業マンは、相手を承認したり尊重したりはしますが、媚びへつらうような事は決してしません。

 

相手が男性であれ女性であれ、また大会社の社長であっても、堂々とした話し方をするのです。